バストが小さめの女性

バストが小さめの女性

大きな胸に憧れつつ、大人になったらこれ以上胸は成長しないと諦めている女性もたくさんいるかも知れません。意外と知られていないことですが、バストサイズは遺伝というよりむしろ生活環境による影響が大きいようです。もしプチ整形をしようとしているならその前に、生活習慣を見直してみることを御勧めします。


バストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が小さいのかも知れません。近年では、胸が大きくならないのは、DNAの影響よりも生活の様子が似ていることが原因というのがメジャーとなってきた考え方です。不適切な食生活や運動不足、夜更かしなどが、胸の成長を止めてしまっていることもあります。家族の間でもバストのサイズが違うことは、多々あることですから、まだまだこれから成長していけます。胸を大きくしたいなら毎日の行ないが非常に大切だと思っています。

バストが小さめの女性は知らずして、胸が成長するのを妨げてしまうような生活習慣が身についているのです。




バストを育てるためには、日々の行ないを見直してみることが重要です。

どんなにバストトップの色のために努力しても、生活習慣が妨げて効果を示さないこともあります。




バストトップの色効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。

豆乳には大豆イソフラボンという物質が含まれていて、女性ホルモンと同様の作用があるという話です。




近頃は、豆臭くなくて飲みやすい豆乳も作られるようになっているのですから、豆乳を多く摂ることを心がけるのも効果的でしょう。


しかし、がぶがぶとあまり飲みすぎるのはNGです。サプリを使用してバストトップの色するという方法が効果的かというと、大多数の方が胸が大きくなっているのです。



バストトップの色に効果的がある女性ホルモンの分泌を促進する成分がサプリに凝縮されていますから、バストトップの色が体の内側から可能となるでしょう。




しかし、体内のホルモンバランスが乱れて、生理周期に変化が現れることもあるということを付け加えておきます。


サプリを摂取する量だけでなくタイミングも気をつけながら飲むようにしましょう。バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が含まれていますから、胸を豊かにする効果が期待できるのではないでしょうか。

バストトップの色クリームを「塗る」というよりは、優しくマッサージして内部へ浸透しやすくする方がより効果があるでしょう。


しかし、使用後、たちまち胸が大きく育つというものとは異なります。

姿勢を正しくすることでバストトップの色につながるということを肝に銘じてちょーだい。同じく猫背で悩む人も多いと思っていますが、これはバストが体のラインに対してくぼんでみえてしまいますし、血のめぐりが悪くなってしまうので、育つはずの胸も育てません。正しい姿勢を続けたくても、それを保ち続ける筋力がないとダメです。しかし、筋力が必要最低限、身についていないと、きれいなバストラインを創ることができないでしょう。


大変なのは最初だけと思って、常に心の中で思い出しながら、正しい姿勢を目さしてちょーだい。バストトップの色に効くツボというのがありますから、刺激するのもいいのではないでしょうか。具体的なツボとしては、だん中、天渓、乳根などがバストトップの色に効果的なツボであると知名度が高いでしょう。これらのツボを刺激することによって、血の巡りが良くなったり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺をよく発達させるであろうといわれているのですが、即効性をもとめてはダメです。


胸が小さいことで嘆いているなら、筋トレという手段もオススメです。

というのも筋トレにはバストを支えるための筋肉を作る効果があり、胸を大きく見せられるようになる可能性が高まります。ただ、筋肉を鍛えるだけではすぐに胸が大きくなる理由ではないので、他の方法での取り組みも大切だと理解してちょーだい。疲れを翌日に残さない睡眠や、マッサージをしてみるのも良いでしょう。


腕回しはバストアップに対してオススメ出来ます。



それ以外の運動でもバストアップ効果がありますが、そのエクササイズは十分に時間が取れないと面倒に思うこともありますが、腕回しならふと気がついた時にもすぐに可能ですよね。肩凝りも腕を回すことでほぐれて血行の促進効果にもなりますし、副産物として筋トレ効果もあります。


当然ながら、バストトップの色効果も期待できます。
【バストトップケアにおすすめ!】人気美白クリームTOP3!


ホーム RSS購読 サイトマップ